HOME>アーカイブ>契約前にはしっかりと内容を把握しておこう

契約内容を確認しよう

男女

多くの会社は最初から自社ビルを建てるほどの資金がありません。最初はオフィスビルを借りるなど、賃貸契約を結ぶことが一般的となっています。もちろん、賃貸法人契約をするにはいくつかの注意が必要です。まず、契約内容をしっかり確認しましょう。適当に見ておくだけでは後々困ることが出てくるかもしれません。特に多くのオフィスが入っているビルの場合、他社とトラブルになることもあります。どんなオフィスが入っているのか、周りの環境なども確認しておいた方がいいでしょう。それから年契約になっているところもあるので、更新契約の条件なども確認しておきましょう。そのタイミングでオフィスを建てたり、契約変更したりするのも考える必要があります。

仕組みを理解しよう

仕事

賃貸法人契約をするには仕組みを理解することが大切です。通常、2年契約となっており、2年ごとに更新することになります。更新の度に敷金や礼金などがかかることもあるので確認しておいた方が無難です。また、数々のオフィスが入っているビルなどでは共有部分もあることでしょう。その使い方など、いろいろと注意点があります。管理会社とよく話をしておくことが大切です。また、賃料の支払い方法も確認しておきましょう。通常、指定口座に振り込みとなります。

サービス内容を確認しよう

オフィス人物スーツ

賃貸法人契約をする会社はたくさんあるため、不動産会社では競争が激しくなってきています。少しでも条件の良いところを選ぶ会社が多いのは当然のことです。そこで、不動産会社ではお得なサービスを提供することもあります。例えば、期間限定のキャンペーンを設けて、その期間内に契約をすれば賃料が初回だけ半額になったり、数ヵ月無料になったりといったものもあるのです。契約をするのなら、このようにお得なサービスを利用した方がいいでしょう。