HOME>記事一覧>連帯保証人がなくても家賃を借りることができる

目次

家賃滞納に対応する

物件を借りるときに不動産屋から家賃保証会社を利用することを迫られる場合があります。これは入居者が家賃を滞納してしまったときに保証をしてくれるものです。主に大家にとってメリットのあるサービスなので知っておきましょう。家賃保証会社を利用すれば入居者に代わりオーナーに家賃を支払ってくれます。支払うといって立て替えるだけなので、家賃を滞納した入居者は後で保証会社に現金を支払うで注意が必要です。一般的に賃貸を借りるときは連帯保証人をつける必要があります。そのため連帯保証人がいない人は物件を借りる事が難しいでしょう。そのために家賃保証会社は連帯保証人のように機能してくます。

保証会社では審査もある

基本的に家賃保証会社は部屋を借りるときには、オーナーの代わりに入居審査を行っています。ちゃんと家賃を支払ってくれるのかを審査して問題ないときは家賃保証会社が保証を行ってくれるサービスです。本サービスはクレジットカードなどの審査に似ているでしょう。

基本的に会社は選べない

日本にはいくつかの家賃保証会社があります。基本的に入居者は好きな家賃保証会社を選定することは出来ません。不動産会社が代理契約をしているので、どこの保証会社を利用しているのかは各サービスにより決まっています。